Sponsored Links

2019年9月6日金曜日

(ー_ー) I think that ancient Japan was different

この国の太古は・・

縄文時代にしても、神と呼んだ彼らに対する反応は、
違っていたと思う。

上空に空飛ぶ乗り物で突然出現しても、
人間が、迎撃することなどなかったろうし、
ある種の尊敬とか崇拝の念で、
彼らを迎えたに違いない。

それが証拠に、イナンナの顔をかたどったと思われる
土偶が、無数に出土している。八ヶ岳山麓で。

縄文人は遭遇した存在を、そのまま表現したに違いない。

おそらく、同じ存在が今日でも、
地球のあちこちに出現していると思われるが、
この国では、公表しない。

ある人は、遭遇し、彼らの乗り物で、
地球外の星に行って来たり、
こんにち、この国でも、彼らのいずれかの種と
テレパシーで交信しているが、

公表されない。

光速を遥かに超えるマシンのことは、
隠すことになっている。

フリーエネルギ―の問題にふれ、
科学や宗教が根底からくつがえってしまうから。

人類のほとんどが消えることになっても、
残った人の記憶を、彼らは消し、
新たな出発を、異なる星で始めるかもしれない。

そのときには、一般人はどうすることも出来ない。

そう、人間は彼らの被造物だから。

人間には、結果として、永遠の命は与えられなかった。

☆世界の向こう


Sponsored Links

2019年7月8日月曜日

Unconvinced !?

何故急激に科学が進歩しているのか?

携帯電話からステレス戦闘機、
コンピュータ、チップ、レーザー・・
さまざまな空飛ぶ物体・・

疑問を持たないままでいるとしたら、
とても奇妙。

何の代償を払い、
そうなっているのか?

あるいは、
頭越しに契約しなくても、
そうなってしまったかもしれぬ。

この国で言うところの
天孫降臨。

その存在が誰であるのか、
認識していなくても、
うすうす感じているかもしれない。

人間をコントロールしている存在を。

証拠は、
太古から今日まで様ざまな形で残されている。

ある意味、
未来からやって来ている想像を絶する存在たち。

人間の想像をはるかに超えているために、
それらの種が行う概念すら人は持ち合わせていない。

それは、かつて、
天動説から地動説を一般民衆が受け入れるまでに要した
500年という時間の経過をみても明らかだ。

REIWAの風

スポンサードリンク


2019年5月19日日曜日

be ridiculed and harassed














Miriam Delicado says:

One day, the world will know the truth that UFOs and extraterrestrials are real. 
 I long for that day, when I will no longer be ridiculed and harassed. 


 カナダ生まれの彼女は、 幼い時にUFOや人間と違っている知的生命体に出遭う経験をし、 成人してからも、ふたたびETの種に出遭ってしまった!


 彼女の父は、Russian Psychic Armyだったのか。

 彼女にも超能力がそなわっていたのか。

 今日、日本でも過去にUFOや人間と違っている知的生命体に出遭う経験をしたり、

アブダクションを経験し、病院で体のある部分からチップ(インプラント)を取り出してもらった経験をしている人が実在する。

 単に空飛ぶ物体(UFO)を目撃したという人は、この国にも多数いるが、
それらの形状や大きさは様ざまだ。

 しかし、その物体に乗り、どこどこの星まで行ってきたとなれば、
この国では限られてくる。

 さらに、その後ずっと彼らの種とコンタクトがつづいている人は、
少数になると思われる。

 ただ、その体験をずっと心に秘めて苦しんできた人が実在することも現実だ。

「話したら、頭がおかしいと思われる」と。

そして、それは夢だったと自らに言い聞かせて。

 だから、ほんとうは、そうした人がどれくらい実在するか不明だが、
 私が知っている人だけでも複数実在する。

 現実問題、この国では見えない箝口令が敷かれていて、
正式な形では公表しないことになっている。

 それで、仮に誰だれが何々星へ行ってきた、とか聞いても、
「嘘だろう」ということになる。

というか、そういうことにしておく。 

そのため、いつまでたっても、作り話だと思っている人もいると思う。

 そこで、 Miriam Delicadoの冒頭の発言が、今日に至っても、とても重いものになる。

彼女は、著書とビデオ媒体でその情報を世界に向け発信しつづけている!

  「ある日、世界は、UFOと地球外生物が本物であるという事実を知るだろう。 そうなれば、もう私は嘲笑されたり攻撃されることはなくなるだろう。 私はその日を待ち望んでいる」

☆世界の向こう◆Welcome! REIWAの風
スポンサードリンク

2019年4月9日火曜日

People can not believe ・・

People can not believe that they do not experience themselves


M31(アンドロメダ銀河)は、

地球から約250万光年のキョリにあり、

M33とともに肉眼で見える最も遠い天体。



しかし、光の速さで行っても、

250万年もかかるとされるアンドロメダに

ETの宇宙船ではたったの8時間で行けるという。
(※光が一年間に進む距離を一光年=約9兆4600億キロ)



さらに、亜空間トンネルを通って行けば、

アンドロメダまで、3分で行かれる、と。



そういうのは、Mr.H.S



今日、人は日常的にネズミの種を使いさまざまな実験を繰り返している。

そこには、人間同様に適用されるモラルはない。



豚の体内に、人の臓器を作成する。



彼らもまた、同様に人をコントロールしているのかもしれない。



Mr.H.S もまた母の胎内にいる時に操作されたという。

広島で体内被曝したが、そのときにまた遺伝子操作もされていた、と。



つまり、外見は一般人の姿形をしていても、

ある種のETのパワーを持って誕生した。

現在は、UFO/ETコンタクティとして塾を主宰。



そして、別のある女性リサーチャーが明言しているのは、

その昔、以下が上空を飛んでいた物体の型だったというもの。




私が子供のころ日常的に使用していたご飯炊きの釜は、

実は、二層式の今日でいうところのUFOの型から来ていると。


しかし、

A person can't believe that it isn't experienced personally.


☆世界の向こう

Sponsored Links

2019年4月8日月曜日

An alien and the people whom・・

An alien and the people whom appearance encountered

この国でも、

自らあるいは一般人に

超能力者とか高等生命体とか宇宙人とか、

リサーチャー・・

他にも、さまざまな呼ばれ方をしている存在が実在している。


それらの人に共通していることは、

人生のある時点で、


宇宙人・ET・エイリアン・神・天使などの存在に遭遇し、

彼らの乗り物にのり、ある人は彼らの星に行き、

そして、どの時点かで、


体内のどこかにインプラントとかチップと呼ばれるものを挿入される経験をしている。

が、中には、そのときの記憶を消され、数時間後に意識が戻ったという人もいる。


それ以来、一般人には知られていないことに気づかされ、
未来を知らされたり、一般人には見えないものが見えるようになったり、
聞こえたりするようになる。


人の魂が見え、霊が見える・・

過去からやってくる死者の幽霊を見たり、

未来からやってくる宇宙人の種と交信する。

テレパシー。



これらのことは、欧米ではだいぶ以前から公表されていたが、

後を追って、この国でも、体験者が次々と現れるようになった!



実は、アブダクション体験があると、恐るおそる告白し、

今日、ようやく知られる様になってきた!


この国のその世界のことは、箝口令が敷かれているため、

かの国には報告されているが、

肝心のこの国で報道されなかったために、

ずいぶん遅ればせになってしまった!


そうした事情から、彼らのある種にアブダクションされ、

彼らの乗り物に乗った経験を持つ人も、

容易には登場してこなかった経緯がある。



今日、いわゆるUFOを見ている人は珍しくなくなった。

彼らの乗り物に乗ることは、

生身の一般人には恐れや怯えの方が先立つ。



戻ってこられないのでは、死ぬかもしれない、人体実験される・・

さまざまな不安がよぎる。

☆世界の向こう


Sponsored Links

2019年1月26日土曜日

★2022 issue

Human whereabouts  

Mr.Sakamoto のいう2022年地球再生計画のこと、

気にならないと言ったら嘘になる。

日本人女性2000万人、男性数百人を残して全員が焼かれる。
生き残った人も記憶が消され、かつて核戦争で荒廃した別の無人の地球で再出発させる、
というもの。

現代版・ノアの洪水なのか?

坂本塾のMr.Sakamoto(広島で体内被曝し、誕生後、小学生のとき木星でがん治療を受けてきた)は、一般人ではないのかもしれない。

妙な宗教団体の教祖とも違うようだが、

凡人である私は、
この地球に生を受けた人間が、最後まで生き続けることが出来るよう祈っている。

一方で、この地球が養える人口は、5億とか1億人という説を唱えている団体があることも知っている。

また、このところ、フリーエネルギー装置が出来たから、化石燃料などに頼らないでやって行かれる、というニュースもあるが、かつて、その方面の実験に成功したという研究者が次々と消されていったという現実も過去にあった。

これまでは、次々と核のボタンが押されたが、いわゆる上の方が、マシンが作動しないよう手を打ってくれていた、という話も、これまでずっと聞かされてきた。

我々一般人には見えないものが見える高等生命体や中等生命体の実体が、私には分からない。

いずれにせよ、
創られた我われが失敗作だったからと言って、消滅させないでほしい、
というのが、私の本音だ。

この地上に生を受けた人間を消さず、育ててほしい。

悲しいかな、地球上の一般人間は、光合成だけで生きることも出来ないし、植物を含め、他の命をいただかなければ生きて行かれない。

生きていることは奇跡かもしれない。
昨今の世界と日本の状況をみても、明らかなように。

ああ、ほんとうのことは、いつの時代も隠されているのかもしれない。

何ものかによってつくられ、その情報にコントロールされている・・

世界の向こう

Sponsored Links

2019年1月4日金曜日

Florida woman parliament abducted by ET at the age of 7

Betti Rodriguez Aguilera (フロリダ州議員)

 彼女の場合も、売名行為で告白したとは思わない。
そうした嘘をついたところで、彼女にはメリットがないから。

 Betti Rodriguez Aguileraは、7歳でアブダクションされ、
2人の女性ETと1人の男性ETにUFOの中で会った。

 As follows:

 Aliens took me aboard their ship at age 7.
 Bettina Rodriguez Aguilera has claimed in past Spanish TV network appearances, most recently in 2011, that she was taken aboard a ship with three blonde creatures that resembled Rio de Janeiro's Christ the Redeemer statue.

 "I don't exactly know what happened," she told The Associated Press on Monday. "I believe it is real. But I was 7 years old. It was an experience I had a thousand years ago."

 Since those television appearances, Rodriguez Aguilera has served as a council member in the city of Doral, where she was appointed vice mayor.

She also teaches leadership at Miami Dade College and runs a consulting firm, Bettinara Enterprises.

Rodriguez Aguilera declined to go into details on what was said in her 2009 appearance on America TeVe, where she claimed the extraterrestrials told her
 "the center of the world's energy is in Africa."

She then talks about 30,000 non-human skulls discovered in a cave on the Mediterranean island of Malta.

Another video uploaded in 2011 also showed Rodriguez Aguilera in a TV show talking about that. ・・・

 ここでは一部だけふれたが、 彼女も、テレパシーでそれらのことを知らされた。

  世界の向こう
Sponsored Links