Sponsored Links

2014年11月24日月曜日

6歳未満脳死2例目の臓器移植へ!

6歳未満脳死2例目臓器移植

判定基準がより厳しい6歳未満の脳死判定は今回2例目だという。


  改正臓器移植法は2010年7月に全面施行され、15歳未満の小児から脳死での臓器提供が可能となったが、 今回で6例目になるという。

6歳未満の幼児は脳の回復力が強く、6歳以上では6時間以上と定めている脳死判定の間隔を24時間以上あける厳しい基準が適用されるが、この女児に対しては21、23の両日、2回の脳死判定が行われた。


日本臓器移植ネットワークは23日、順天堂大病院(東京都文京区)に病気で入院し、低酸素脳症になった6歳未満の女児が改正臓器移植法に基づき、脳死と判定されたと発表した。


家族:「他の命救えれば」

家族から臓器提供の申し出があったことから、
日本臓器移植ネットワークネットワークのコーディネーターが4回、計約4時間説明にあたったという。

順天堂大病院で24日午前11時30分頃から臓器の摘出手術が行われるという。
その後、
心臓が大阪大病院で10歳未満男児、
肺が京都大病院で10歳未満男児、
肝臓が京都大病院で10歳代女性、
腎臓が東邦大医療センター大森病院で50歳代男性、
もう一方の腎臓が東京女子医大病院で40歳代女性に、それぞれ移植される予定。

女児の家族は、同ネットワークを通じ、
「娘は進んでお手伝いをしたり、困っている子がいれば寄り添って声をかけてあげるような、とても心の優しい子でした。娘はきっと賛同してくれると信じています。娘が短い人生の最期に他のお子さんの命を救うことになれば、残された私どもにとっても大きな慰めとなります」とコメントを発表した。

- ヨミドクターより引用 -


☆やくだつ市場 医療機関と医師
 

0 件のコメント:

コメントを投稿