Sponsored Links

2014年11月14日金曜日

群馬大学病院 肝臓手術で8人死亡!

群馬大学病院(前橋市)で2011~14年、腹腔鏡を使う高難度の肝臓手術を受けた患者約100人のうち、少なくとも8人が死亡し、病院が院内調査委員会を設置して調べている。
(ヨミドクターより)

8人を執刀したのはいずれも同じ医師で、これらの手術は事前に院内の倫理審査を受ける必要があるとしているが、担当の外科は申請していなかったという。
 
手術が行われたのは第二外科(消化器外科)で、死亡した8人は60代~80代の男女。

肝臓がんなどの治療として腹腔鏡を使う肝臓切除手術を受けた。

手術と死亡の因果関係は現時点では不明だが、8人は術後に容体が悪化し、約3か月以内に肝不全などで亡くなっている。

病院側は現在、消化器外科・肝胆膵すい(肝臓、胆道、膵臓)グループの全手術を停止しているという。

腹腔鏡を使う肝臓切除手術は、比較的実施しやすい「部分切除」などに限り、2010年4月に保険適用されたが、高度な技術が必要な「区域切除」などは有効性や安全性が十分に確認されていないとみなされ保険適用外だという。

消化器外科(第二外科)ではこうした保険適用外の手術を多く手がけており、8人が受けたのも同様の手術だったとみられている。

これらの手術は、病院の倫理審査委員会に臨床研究として申請しなければならなかったが、第二外科は行っていなかったという。

今年4月には千葉県がんセンターで、 膵臓などの腹腔鏡手術を受けた患者が相次ぎ死亡していたことが明らかになり、10月時点で計11人の死亡患者について調べているという。


消化器がんに詳しいがん研有明病院の山口俊晴・消化器センター長は、 「一般的には腹腔鏡による肝切除を受けた患者が短期間で死亡することは非常にまれだ。8人が亡くなるのはきわめて多いといえる。調査委員会は原因を究明し、再発防止に努めるべきだ」と。

病院の倫理審査委員会に臨床研究として申請していなかったのはどうしてでしょうか?

病気と病医院


Sponsored Links

0 件のコメント:

コメントを投稿