Sponsored Links

2014年12月25日木曜日

ドライマウスの悩み

ドライマウス

私もドライマウスかな? と思うことがあります。
「口やのどが渇く」「味がおかしい」「口臭が気になる」

この中では、味は普通に感じられているようですが。

喉や口内がすっきりしないというか、
喉が特に弱いようです。

それで、病院の医師にも言われ、
寝ている時もマスクをするようにしています。

勝手に外れていますが。

特に乾燥している日は喉の違和感が強いですね。

うがいをしたり、歯を磨いたり。

歯周病とか歯槽膿漏に罹っている人はとても多いんですね。
放置していると歯が抜けてしまいますので、少し高い歯磨きをネット上で注文して利用しています。

歯みがきは、若いときはいい加減だったので、歯を痛めてしまったのですね。
数年前、歯科でブラッシングの指導も受けました。最低でも、一日3回は実行しています。


ドライマウス自体は病気ではないようですが、
唾液が出にくい、口が乾いている、
と自覚する症状のことをドライマウスと言うそうです。

「ドライマウス」の人口は800万人と推定されるとか。

男性よりも女性に多く現れやすい症状ということですが。

ドライマウスの人口が増加している背景には、
ストレスや不規則な食生活、薬物の副作用、糖尿病、腎臓疾患、老化など。
さまざまな原因により、唾液が減ってしまうんですね。

唾液減少の3大原因:
「加齢」「常用薬剤の副作用」「噛む力の低下」
ということです。

唾液というのは、はとても重要な働きをしているんですね。

食べる、飲む、話すといった口の働きを助けたり、
口の中から入ってくる細菌から身を守ったり、
むし歯や歯周病を防ぐ働きがあるとのこと。

健康維持のために、ドライマウスの原因を見つけることが大切なんですね。
 
Sponsored Links

0 件のコメント:

コメントを投稿