Sponsored Links

2014年12月7日日曜日

Change your Viewpoint !

神話や伝説として語り継がれてきた事柄。

何の原体験もなくてつくりあげられたとしたら、時間の経過の中で消えていくと思われる。

しかし、何千年のときを経ても、しっかりとした形を持ったものが世界には多く存在するし、消えずに語り継がれていることがある。


人間は、日々の生活を生きて行く中で、最低限の食や住がなければ生き続けられないため、体験した記憶も薄れていく。生死をさまよう病気になり、また日々の食がなければ、それを満たすために動くのが一般的だと思われるからだ。


しかし、ある朝、ある夕暮れ、巨大な空飛ぶ物体を見てしまったら、一生忘れないだろう。太古の人々もそれらを経験し、フィギャーや土器土偶を造った。人間の力ではどうすることも出来ない巨石。島々や山。さらにピラミットや大理石の建造物。彫刻。鋭利な刃物で切ったように見られる不思議な形をした巨石。

周囲の山々とは成分が異なる山も存在する。生まれたときにはすでにそこにあったとして受け入れてきたが、今日のように情報が発達したことにより、どうもこれは、我われ人間とは違う何者かが関与しているに違いない。


様ざまな疑問がわき上がり、ある日突然消えてしまった人のことを思う。次元って? 異空間って?どこにあるんだろう。人間の肉眼では見えないが、どうも、この地球には別の空間も重なっているらしい。だって、人の様なあの存在はどこから突然現れたのだろう。物陰もないのに。

飛行機が発明される500年も前に、上空から見た街の地図をどうして描けたんだろう。何万キロも離れた地に、どうして酷似した彫刻が存在するのだろう。数千年も前の世界各地の洞窟に、どうして似たような手形があるんだろう。なぜ、世界には酷似した神話、神々が存在するのだろう。

世界や日本のリサーチャーが、同様の結論に達する。

人間に似たような生命体。はるかに進んだ文明を持ち、神業と思われることをしている存在が、太古のむかしから、いやもっと以前から、この地球に関わっていたんだ。

彼らが人間に力をかし、いわゆるUFOと呼ばれている乗り物に人を乗せ、上空を瞬時に移動していた。
旧約聖書に書かれている1000年近くも生きたと言われる存在。今日では、信じられる。


アメリカ政府を助けている Tall White は、800歳まで生きることが、カナダの前国防大臣・Paul Hellyer 他により暴露された。


その後、エリヤ51でエイリアンと一緒に働いていた科学者たちが、リタイアして次つぎと現状を公開した。
現在アメリカ市民として彼らはこの地球に関わっている。けっこうな数のエイリアンたち、そして種が、UFOに乗り、地球人と関係を持っていることが分かっている。

NASA’s Orion spacecraft launched successfully atop a United Launch Alliance Delta IV Heavy rocket Dec. 5 at 7:05 a.m. EST from Space Launch Complex 37 at Cape Canaveral Air Force Station in Florida. Orion’s Exploration Flight Test-1, is the first flight test for NASA’s new deep space capsule and is a critical step on NASA's journey to Mars. The 4.5 hour flight is scheduled to conclude with the splashdown of Orion in the Pacific Ocean.

Marsone は、2023年火星移住へと旅立つ。そして、上記の火星探査船「オリオン」。
米、有人火星探査照準

何のために? この国の人々が何も知らないうちに、秘密裏にされた目的のために、多くの費用が使われている。

彼らにはとても敵わないことは百も承知だが、少しでも彼らに近づきたい。同じヒューマノイドとして。
そして、月では太刀打ちできないことを知った人類は、火星に隠されている秘密を・・生きのびるエリアを。

我われ人間は、生きても100歳くらい。
しかし、彼らは、800歳~1500年~数万年・・生きる者も・・。
Oh ! My God まさに、人間の常識外の、AlienGod

地上の人間72億人、彼ら213億人。それも、天の川銀河内・・

ああ、あまりにも知らないことが多すぎる。

Change your Viewpoint !
http://youtu.be/7CnQ85Wmzoc


世界の向こう ♪やくだつ市場


0 件のコメント:

コメントを投稿