Sponsored Links

2014年12月27日土曜日

STAP細胞はこれでアメリカへわたる!

STAP細胞はこれでアメリカへわたる! STAP細胞

Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells(刺激惹起性多能性獲得細胞)


動物の分化した細胞に弱酸性溶液に浸すなどの外的ストレスを与えて再び分化する能力を獲得させたとされる細胞。


STAP現象:
STAP細胞に増殖能を持たせたものをSTAP幹細胞
胎盤形成へ寄与できるものをFI 幹細胞と呼ぶ


論文でSTAP細胞由来とされた細胞は、既存の万能細胞であるES細胞(胚性幹細胞)だったとし、 STAP論文は、ほぼすべて否定された。


しかし、この結論は、最初から決まっていたのでは、と思う。

背後にある力が働いていた。

今回の一連の事件から、 STAP細胞は、アメリカへわたるだろう。

チャールズ・バカンティは、検証に着手したとか。


この細胞問題を知っている知的生命体が地球上にいると私は思う。

これは私見なので、それぞれの人がさまざまな思いを持っていて良いと思う。


かの国の地下基地で実験を繰り返している存在。

否、人間にとっては、太古の昔にそれらを知っていた人間以外の知的生命体となる。

今度の事件は、それを暗示。示唆していると思う。

今度は、別の名称で登場するかもしれない。

世界の向こう 病気と医療機関と医師 ☆やくだつ市場  


 

0 件のコメント:

コメントを投稿