Sponsored Links

2015年3月31日火曜日

ミカンの皮とヨーグルトで花粉症に「効果」 !

ミカンの皮とヨーグルトで花粉症に「効果」

という記事を、ヨミドクターで読みながら、

ヨーグルトとミカンは一緒に食べることが結構あるのですが、
ミカンの皮に含まれるノビレチンが効くんですね。


今回のヨミドクターに発表された内容だと、

ミカンの皮とヨーグルトに含まれる成分を同時に摂取すると、花粉症患者の症状が和らぐ効果があると、
愛媛大の菅原卓也教授(食品機能学)らのグループが、岡山県で開催中の日本農芸化学会で発表。

花粉症への抵抗力を高める食品の開発につながることが期待されると。


温州ミカンの皮に含まれるポリフェノールの一種「ノビレチン」と、
牛乳成分のたんぱく質「βラクトグロブリン」に、
それぞれ花粉症に関わる炎症反応を抑える働きがあることに着目。

スギ花粉症患者26人に同意をとり、すり潰したミカンの皮を混ぜた飲むタイプのヨーグルト(150ミリ・リットル)を1日1回摂取してもらったという。

26人には、摂取を始める前と摂取2週間後に、花粉症の原因物質を両目に点眼。
それぞれ点眼30分後に表れた症状を比較した結果、全員でかゆみなどの自覚症状が著しく低下し、結膜炎の指標となる眼球表面の温度上昇も約半分に抑えられたという。

花粉症は、体内に入った花粉に免疫細胞が反応し、ヒスタミンなどの化学物質が放出されるのが原因とされるが、二つの成分の相乗効果で花粉による反応を弱め、化学物質の放出を抑えるとみられる。


菅原教授は、
「ミカンの皮は、漢方薬では『陳皮』と呼ばれる健康素材。牛乳アレルギーの恐れがある人に活用できないのは弱点だが、地元企業と連携して花粉症対策の機能性食品として開発したい」と。
 
Sponsored Links

0 件のコメント:

コメントを投稿