Sponsored Links

2015年5月14日木曜日

アレルギー性鼻炎-ダニのエキスを口に含む新治療薬

ダニのエキスを口に含む新治療薬、保険適用に !(ヨミドクター)

アレルギー性鼻炎は、スギやブタクサなどの花粉やハウスダストなどが原因で起こるが、
年間通じて発症する通年性アレルギー性鼻炎の多くは、ダニが原因とされている。


厚生労働相の諮問機関・中央社会保険医療協議会(中医協)は、
13日、ダニによるアレルギー性鼻炎に対し、ダニエキスを口に含んで体に慣れさせ根治を目指す新治療薬を、今月中に保険適用することを承認したという。 

昨年秋には、同じタイプのスギ花粉症治療薬が保険適用されているが、ダニのアレルギー性鼻炎は初めてとのこと。

今回、保険適用されるのは、
塩野義製薬が申請していた「アシテアダニ舌下錠」 今年3月下旬に厚生労働省が製造を承認していたという。
 

治療薬の対象となるのは、12歳以上の患者で、ダニエキス入りの錠剤を舌の下で溶かし、
その後のみ込む。

治療薬を2年以上、毎日服用することで、症状の改善や根治が期待できるという。


注意が必要なのは、
薬の投与で激しいアレルギー反応が起き呼吸困難などのショック症状につながる恐れがあることで、
厚労省は、事前に講習を受けて十分な知識や経験を持つ医師が適切に使用するよう求めている。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿