Sponsored Links

2015年5月28日木曜日

Changes to slowly and suddenly the world

このところ晴れた日がつづき、夕方から太陽系の星々が並んで見える。

月 金星 火星 木星 が並んで見えるシーズン。そして、あのシリウス。


日頃は、日常の衣食住に気を取られ、 神と言われてきたエイリアンのこと、 また、一般的なエイリアンのことなど眼中にないのが、 この国の人々であり、当然私も同様だ。


しかし、 違っていたんだな。
世界の宇宙飛行士たちは、彼らの乗り物を見て、ある飛行士は、1.5億年も昔の彼らに対面し、 ある者は、月面上に彼らを見たが、公表しなかった。


上空を見つめながら私は心内で呟く。

以前にも・・。それらはすべて現実なのに、不安をいだきたくない心は、すべてを忘れようとする。

以前にもとは、1978年に米国の民間団体が訴えた裁判の結果、CIAは敗訴し、ロズウェル事件はほんとうだったこと、3人のエイリアンがいたことも認めたのだ。


日本では公開されなかったため、未だに、UFOや地球外の知的生命体のことを信じられない人が、この国には多く存在すると思われる。


1986年のあの事件に遭遇した彼は、そのことから精神鑑定を受けさせられ、地上勤務になった。


その人とは、 アラスカ巨大UFO事件に遭遇した寺内謙寿機長だ。
貨物便であったが、副操縦士と機関士も同時に目撃していたのだ。


この国の現状がうかがえる事件でもあったと言える。


アメリカでの、裁判の結果がこの国で報道され、一般市民がUFOとエイリアンについての現実を認識できていれば、まったく別の対応がとられたであろう。


思うに、彼らのある種は、人工太陽(彼らの多くが人と似ているので、人工という言葉を使うが、彼らによって創られたのが人間なのであろう)を創るほどのテクノロジーを持っていて、宇宙に浮かぶ地球の3、4倍もの宇宙船を観測している人間の科学者も実在する。
アラスカ巨大UFO事件


1986年(S.61) 11/17-当時報道されたことも嘘だと思っている人も多かったかもしれない。 日本の番組で紹介したアラスカ巨大UFO事件
日本の番組で紹介したアラスカ巨大UFO事件


それにしても、気づいた時が、この世の最後にならないよう、頭の隅に置いてもらいたい。
隠されたUFOの存在


すべてが真実で、実際に起こったことなのだ。この国の人々は、一体どの世界に住んでいるというのだ。目を覚まして日常生活を送っていてほしい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
やくだつ市場   インターネット 国内・海外旅行



0 件のコメント:

コメントを投稿