Sponsored Links

2015年6月28日日曜日

Improper relics

  北米全州で同性婚認める。


アメリカの連邦最高裁が全ての州で同性婚を認める判決を下した。

世界では多くの国が同性婚を認める方向に進んでいる。

時代は激変している。

米ソともに、世界に向けて公表こそしていないものの、 エイリアンが国内に住んでいることを、認めている。否、援助してもらっているという方が当たっているか。


God made heaven and earth・・・・・

So God created mankind in his own image, in the image of God he created them; male and female he created them.


我われ人間は、神と呼ばれるエイリアンによって創られた。

ただ、そのことをこの国の人々は曖昧にしてきた。 上空を高速で飛んでいる彼ら。人の肉眼では、追えないことが多い。

彼らが意図的にホバーリング、もしくはゆっくり飛ばないと。

1947年 エリア51にUFOが墜落し、ETが死亡したことも、今日では多くの人が受け容れている。

太古の昔から、彼らが人間と関わっていたことも。

The Old Testament には、上記のように記されている。

それらは地域の伝承や体験の中から集められ編纂された文献だ。真実が含まれているが、受容できていない人びともいると思われる。

いつの時代も、科学技術の最先端は、実は彼らによって教えられていたのだが、 公表はしなかった。

しかし、これも、今日では自明のこと。

地球には、さまざまな種、そして混合種、彼らの遺伝子を受け継いだ知的生命体が暮らしている。

歴史上のある時代、雌雄同体の生命体が・・。同性愛を美しいとされた時代。 そして、Cannibalism。

人間が人間の肉を食べる行動、または宗教儀礼としての習慣。 Anthropophagy。


ルネサンス前の混迷した暗黒時代。
レオナルド・ダ・ヴィンチの限りない謎。
そして、つづく、ミケランジェロ、ラファエロ、ベートーヴェン、モーツアルト、・・ディズニー・・


太古の昔から、その謎について知っている者がいた。

おお、歴史を紐解けば、そこにすべてが隠されている。

人間とは、何者? どこから来てどこへ行く? という巨大な謎が横たわっている。


被造物としての人間。
性って何? ここへ来て、かつて、 【白鷺の飛翔】を出版したことを思い出す。


6千年後、この宇宙にサバイバルを果たしている人間の末裔がいるとして、いったいどのような姿かたちをしているのだろうか。


月面の宇宙船内にいたとされるあの女性宇宙飛行士。 165センチ。黒髪。インカの紋章。ああ彼らは日本から、かの国へ渡ったと言われる。 額にある眼のようなもの。6本指。

酸素のない月だからこそ腐敗が進まずにそこにいた。 日本人の先祖の一人なのか。
1.5億年の歳月。

ああ、謎ばかり。今日では、恐竜時代に人間が同時代を生きていたとされる化石が。 https://youtu.be/AXznk301u30


はたして、場違いだろうか?
やはり、今日生きている我われには、何一つ確かなことが分かっていない。

現在・過去・未来 は、同じ一点にある。

別な空間を行き来できる彼らのある種のETは、その答えを知っているに違いない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
インターネット やくだつ市場  国内・海外旅行


0 件のコメント:

コメントを投稿