Sponsored Links

2015年7月5日日曜日

◆The Miracle of the Sun

我われの子孫がどのようになっていくかなんて、関心がない、という人もいるだろうか。


今日のように、頻繁に自爆テロが勃発し、不特定多数の人が突然亡くなっていくありさまを見ると、


大きな罠が仕掛けられているようにも思われてならない。


我われ人間もロボットかもしれないけれど、マシンのように計画的に事を運ぶ集団。彼らのDNAを操っているものは何?


日本にも頻繁に現れているさまざまな形をした未確認飛行物体。爆発する火山の中に出入りする物体。無人機かクローンによる操縦か。エリア51に墜落したUFOに乗っていたのは、クローンだったと、退官した担当分析官が述べた。


ああ、法王が気絶してしまったほどの、ファティマの第三の預言は、何なのか。


人間が火星移住の準備を進めている中、一体何が真実だというのか。金星から来て、北欧人の祖先だと言っているひとがいる。長頭人間は火星人の生き残りなのか、それとも、彼らはもともと地球が誕生して早い時期から地球に住んでいたのか。



火星に、なぜ地球上にあるものと同様のピラミッドが存在するのか。月や火星や金星の地下にはどれほどのETが暮らしているのか。



かの国の地下で繰り返されているといわれる生体実験では、未来のハイブリッド・スターチャイルドの準備を進めているのか。



何も知らずに一生を終える人々。SFか何かだと思っている人々。土星の輪の中に存在するという、地球よりはるかに大きな人工物。太陽に出入りする物体。フリーエネルギーの現実を見てしまい公言しようとして暗殺されたとされる大統領&モンロー。UFOエネルギーの実験に成功して抹殺された科学者たち。



テレビドラマの中の出来事のようにぼんやりと空想している。それほどに現実は途方もなくかけ離れている。人工太陽なんてあるの?



果てしない宇宙を渡り歩いているETたち。どこから来てどこへ行くのかもわからない多くの地球人。


ロボットにだって悩みは尽きない。今や自ら作ったロボットに負けている人間。自らがロボットだったなんて思いもしなかった数年前。



ほんとうのことを告げられたら受け入れることが出来るだろうか。混迷する現代。地球は今、かつての火星のようなのかもしれない。



今、
スイスに住む農夫のエドアルド・ アルベルト・マイヤー(通称ビリー・マイヤー)のことを考えてみる時かもしれない。
Billy Meier


1942年6月、5歳のとき始めて父と共にUFOを目撃して以来、いくども宇宙人とコンタクトを取ってきたという彼。彼は1000枚以上に及ぶビームシップ (光線を放つ宇宙船) の写真や8ミリフィルムを撮った。


その彼が、1975年1月28日、プレアデス/プレヤールから来訪したセムヤーゼという女性とコンタクトを開始し、その内容を公開することを開始。 その後公益法人を設立。メンバーの一員として今日まで執筆活動を続けている。-『プレアデス/プレヤール人とのコンタクト記録』-



その彼が、インタビューに応えて、

「私は、地球人として生まれたから、このままで良い」


その意味することは、 彼らに長生きできるように手を加えてもらうことも出来たろうに、という質問に応えてのこと。



かつて、エイリアンのいるエリア51で働いていたポール・ヘルヤーが言っているように、トールホワイトは、800歳まで生きるが、彼らは成人に達すると養子を迎える、と。

おお、旧約聖書に登場するノアは、950歳まで生きた。



今日、同性婚が行われ、その方向性が強くなったとき、人間もまた同じ道をたどるのだろうか。これまでのセックスによる子孫繁栄ではなく、遺伝子操作や養子制度による。



おお、彼らのある種は知っている。我われの中に組み込まれているDNAコード。ミトコンドリアDNA。



ここまで来て、金属でなく生物細胞の形によって造られたロボットのことを思う。ああ、ロボットの苦悩。

空恐ろしい現実を知らされる。そして、彼らだって、そうして造られたことを思う。



知らされなくても、受け容れることが出来なくても、やがてその現実を受け入れることになる。



おお、マリヤよ、あなたは、イシュタール・イナンナなのか? ほんとうは、この日本列島の、伊那谷で誕生したETだったのか。ならば、一般の日本人の前に現れて、我われはどうするべきかを告げてほしい!


かつて、ファティマの地で、巨大な輝く太陽と共に現れた時と同様に。
https://youtu.be/rBIs8cuIwTo


~~~~~~~~~~~~~~~~~
インターネット やくだつ市場 国内・海外旅行

0 件のコメント:

コメントを投稿