Sponsored Links

2015年10月27日火曜日

From Moxos・・

生きていても、50年前のことも曖昧な現実。

ましてや縄文時代がどうだったとか聞いても、別世界のことに思われるに違いない。

この地球上では、真の情報が伝えられないことが多く、自らのイメージで思い込んでいることが多いのではないだろうか。

 核家族内ですら、思い込みや思い違いにより命が失われることもある。

それが世界のこととなったら、戦争に発展し、勝手に空爆することもあり、
 偽の情報を流して操作することもある。

 間違いでも、ごめんなさい、で済めばいいが、時代を重ねることにより、戦乱の世となる。根強い恨みが育ち、殺戮しかない様相を呈する。

 今日の世界情勢、過去の歴史を見ても、人間から戦争を取り除くことが出来ない。

この国は被爆体験を経て、今日までかろうじて大きな戦争を仕掛けたり、攻撃されることなくやって来られた。この現状を受け止め、この先も他国の見本となるような平和の国づくりを、対話を通じて成し遂げてほしい。


しかし、世界にさらなる平和をもたらすのに重要なエネルギー問題、食糧問題がある。世界から貧困を減らし、生まれてきた人間が、喜びを感じて生きられるように。


 人間のあり方により、地球人より遥か以前に誕生し高度なテクノロジーを持っている彼らの力を、平和利用のために使わしてもらうことが出来ればと思うのだが、現実は簡単にはいかないようだ。


それ以前に、彼らの存在すら認識できていない人々も多く存在しているのだから。

 ETとかエイリアンとかを、SFやアニメの世界の物語くらいに感じているのだろうか。

アメリカでもロシアでも、ETが具体的に住んでいることを認めている。
 UFO後進国と言われる日本では、月にETがいっぱいいることすら知らない人もいるのではないだろうか。

 月面に立った宇宙飛行士が認め、情報開示されても、信じないような素地を、ニセの情報を被せるようにして流して吹き消してきた。そこには、UFOエネルギーの問題が横たわっていることを、今日では多くの人が知っているだろう。

それを利用できるようになったら、化石燃料の利益を独占できなくなる集団がいる。この国で言ったら、抗がん剤が効果がないことを分かっていても、癌ビジネスの一翼を担ってきた、既得権を放棄したくない。高額な抗がん剤が利益をもたらしてくれる。手放したくない。

こうした問題は、ほんとうのことには触れない。生命より利益優先。治すことが目的ではないのか?実に、本末転倒。

つまり、一般民衆がもっと賢くならなければ、解決できない。騙されている。

すべては、そうしたことにつながっている。

 太古の昔、いやそれよりもっともっと・・彼らは、地球が出来る前から存在していた。

 以来、ずっとこの地球という惑星に関与している。

アヌ王、エンキ、エンリル、アフラマズダ、ミトラ、ヘリオス(シャーマシュ)、イナンナ(イシュタール)、ノア、ゴータマ(シャカ)、マルドック・・・・おお、神々の系図。

 彼らは、皆、ETか半ばET、ハイブリッド、混合種。

 一般のETや混合種も、800年生きる、と。神々は数千年から~~

 彼らは、永きにわたり、この地球に関与している。彼らによって造られたヒューマノイド、アンドロイドも。

 人間もお猿さんから進化したのではなく、彼らによって造られた。彼らの手が加わらなければ、今日の我われのような人間はこの地上に存在しないであろう。遺伝子操作など、彼らにとってはたやすいことなのかもしれない。神と呼ばれる彼らのテクノロジーを持ってすれば。

 今日の人間は、彼らからヒントをもらい、懸命にその後を追いかけているのだろう。そのことを公言したくない。そこに、人間の小さなというか愚かなプライドがあると言える。

 彼らからすれば、まだまだ、人間をこの宇宙の一員として認めるところまで行っていないのかもしれない。
これらのものは誰が造ったか

~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆本場のカニ ネットで稼ぐ インターネット

スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿