Sponsored Links

2017年11月6日月曜日

They do not announce it

太古の昔だったら、
彼らは自然な形で
人々の上空からマシンに乗って地上に降り立っただろう。

迎撃する人間などいなかっただろうから。

それにしても、
なぜ今になって月の地下にある空洞を公表したのか?

数十年前、かの国で地下の掘削工事をしていた軍人が、
ばったり地下にいるETと遭遇してしまった。

軍人らは、地下にETがいることを聞かされていなかった。

驚いた軍人は銃撃戦に入ったが、
彼らに太刀打ちできなかった。

生き残ったのは、
彼らの特殊な銃で指を飛ばされた軍人1人。

彼はその後、そのことを公演して歩いたが、
例のごとく秘密裏に暗殺されてしまった。

ケネディ―時代と違い、
証拠が残らない方法で。

フリーエネルギーの研究者しかり。
闇に葬られたのは一人や二人ではないだろう。

そして今日に至り、
この国では、知っていても公表することはない。

物理学者、天文学者、宇宙飛行士、
日々彼らの空飛ぶマシンに遭遇しているパイロットたち。

だが、国内では、公表することはない。

かの国では、
これまでどれだけの人が原因不明の死を迎えたことか。

今日、
身近な太陽系の惑星やその衛星にさえ、
彼らがいっぱい実在することを、
知らない人の方が少なくなっているのではないだろうか。

国内でも、彼らのどれかの種にあったという人も、
少なからず実在する。彼らのマシンに乗った人も。

しかし、NHKで放送されることはない。

そう。これが今日的状況なのだ。
 
世界の向こう
~~~~~~~~~~~~~~~
☆おいしい食べ物  インターネットコーナー


 
スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿