Sponsored Links

2018年2月22日木曜日

Doorway to another dimension

世界の空には飛行機と同数の

彼らのマシンや人間が制作したマシンが
飛び交っている。


が、彼らが周波数を変えたり

スピードをアップさせたり・・

つまり、見せる意図がなければ、

上空を見上げても、彼らのマシンを見ることは
できない。


意図があれば、彼らはホバーリングさせる。


どの種が飛ばしているマシンかは隠されているが、
地球の地底人も空飛ぶマシンで活動している。



人間とあまり姿形が変わらない種もいれば、
だいぶ違っている種もいる。


指の数にしても、

3、4、5、6本とさまざまだが、

6本指の人ならブラジルにも多い。



発掘された骨からしても、

様ざまな種類が地上に実在してきた。



人は5本指が多いことから、

両指で10進法を使っているが、

3本指なら6進法だとも言われる。



10年前だったら、

日本人のアブダクション体験や

彼らの乗り物に乗ったという情報は

とても少なかったが、

今日では、彼らのある種に出会い

その乗り物で○○星へ行ってきた

という体験も出てきている。



今日ではUFOを見たことがあるという人は

とても多く、もはやUFOではなくIFOだ。



彼らのいずれかの種と出会ったり、

コンタクトを取っている人も、
国内でも珍しくない。


にもかかわらず、

ある意味の箝口令が敷かれていて、
公表はしない。


地動説が、一般人に浸透するのに

500年かかったということを見れば、

推測も難くない。



公表し、教科書にも書かれるとなれば、

すべての価値観が覆ることになるのだから。


携帯電話、レーザー、チップ、ステレス戦闘機・・

あらゆるものが、

実は彼らのテクノロジーから学んだものであること、

そのために、どのような代償が払われて来たか、

人間だと思っていた誰彼が、実は・・

というようなことが・・。

Oh !  なんということに
世界の向こう
~~~~~~~~~~~~~~~~
◆インターネット☆ぶんげい&しかく

スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿