Sponsored Links

2018年8月10日金曜日

彼らの実在を信じない人も・・

UFOアンケートでは、

UFOを信じない、という人がいる。
正に「未確認飛行物体」ということになる。

信じようが信じまいが、歴然と実在し、
世界の首脳陣の多くがETにふれている。

その姿形も、人に似ている種が半数以上。
ただ、どの種も、人より遥かに進んでいるため、
人には、彼らについての概念を持ち合わせていない。

彼らETから、携帯電話、レーザー光線、チップ、ステレス戦闘機・・
など、数多くのテクノロジーを学んでいて、その代り、彼らにあることを認めてきた。

世界の一般人は無視され、かの国の代表と彼らとの間に密約が交わされたが、
トップ・シークレットだから公表はしなかったが、その後関係者の周辺から暴露され、
今では、世界の一般人でも知っている人が多い。

かの国では、市民によりUFO問題について真実を公表するよう提訴され、
差支えない程度の情報が公表された。裁判に勝訴した結果である。

この国では、箝口令がしかれていて、いわゆるNHKに代表するような報道機関では、
報道しないことになっている。

その結果、太古の昔から、地球に関与してきたETや今日の彼らの乗り物についても、
信じない人が生まれてしまった。

空飛ぶ彼らのマシンは、
今や、飛行機の数ほど飛び交っている。
ただ、人に見せたくないときには、そのようにできるテクノロジーを彼らは持っている。

地底人も、地上に来れば、空飛ぶマシンを使っている。

彼らとコンタクトを取っている日本人もいて、
彼らの乗り物(UFO)に乗っている人もいれば、
かつてアブダクションされた日本人もいるし、
彼らの星へ行ってきた人もいる。

信じようが信じまいが、これが現実だが、
自ら経験しなければ、信じない人がいることも事実である。

Sponsored Links

0 件のコメント:

コメントを投稿